餓狼伝説SP世界大会2017 > 公明インタビュー


餓狼伝説SP世界大会2015、餓狼伝説SP世界大会2016と2連覇した文字通り新時代の怪物。世界最強の男。どんな劣勢も跳ね除ける強い精神力を持っている。優勝は順当な結果か。公明インタビュー。

■「誰が自分を倒すんだろうという興味はありますが返り討ちにする。」

―――前大会の感想お願いします。

一言でいえばドラマだったなと。第1回の反響がよくてエントリーが多く会場に入らないというトラブルもあったり、1年かけて仕上げてくる人もたくさんいたし会場が気迫や殺気だったものや熱気で溢れていましたね。改めて凄い舞台なんだなと感じました。

―――その中2連覇しましたが。

苦しい試合も多かったですが率直に言えば嬉しいです。やるからには優勝狙ってますが連覇できるとは思ってませんでした。準決勝のAKIRAさん戦なんてほとんど負けていたようなもんですから。最後奇跡が起きて首の皮1枚繋がったと思いました。これは自分ひとりの力だけじゃなくて当日名古屋餓狼会のみんなが来てくれて声を枯らすほどの応援が自分の魂に入り込んできたなという感じで、みんなで掴み取った勝利だったと思いますね。その後の決勝戦も同じで名古屋餓狼会のみんなの声が本当によく聞こえてみんなが勝ちを運んでくれたと思ってます。優勝してもおかしくないメンバー相手でしたが声援が試合内容を上回ったなと。

―確かに厳しい準決勝と決勝戦でした。

準決勝はもちろん決勝戦も厳しくて2ラウンド目はやられたなと(笑)

―――永久というか気絶から気絶の即死でしたね(笑)

まあでもあれを決められたおかげで焦るというか逆に冷静になりましたよ。

―――2連覇して名古屋の環境は変わりました?

世界大会って影響があるみたいでプレイヤーが増えましたね。
最近はじめた人たちでも初中級大会優勝するほどの実力者もいて願わくば世界大会で見てほしいってのはあります。

―――名古屋餓狼会は色んなイメージがついて浸透してきた感じがします。

妙なイメージがついてるようで、どんな団体なんですか?って聞かれることあるんですが。何だろう・・・被褐懐玉、一視同仁って感じなんですけどなぜか誤解されてるんですよね。
名古屋餓狼会はお年寄りが荷物重そうにしてたら持つし子供が迷子ならサービスカウンターまで連れて行くしゴミが落ちていたら拾うしごく当たり前の道徳心を持った世間に優しい集団なんです。さらに若い衆が普段頑張っているお陰でイベント起こせば50人は下らない参加者が集まりますし、もう自分が何もしなくてもメンバー1人1人がどんな役割があるのか?と考えて行動しお店側と連携とりながらやってくれて、結果新規が確実に増えている実感があります。

―――注目プレイヤーはいますか?

考えられないですがもし自分が途中で負けても名古屋勢には取ってほしいというのはあるので名古屋餓狼会の皆には期待しています。あとは関西のスパムさんとビーンさんですね。世界大会が変わるというか盛り上がると思いますよ。もし出てきたら「ついに・・・」って感じがしますね。これ以上ない大会になりそうです。

―――意気込みをお聞かせください。

目的はシンプルです。優勝です。
何より去年福岡や北海道に行って布教活動に努めましたし大会にもたくさん出たし、そう意味では前回の連覇も当然だと思ってます。みんなも研究など準備してくるとは思いますが今回も負けるわけにはいかないですね。自分が優勝してそれでまた名古屋が盛り上がれば最高なことなので。

―――もし負けたら盛り上がりが凄そうですね。

確かにそうですね。ただ誰が自分を倒すんだろとういう興味はありますが、返り討ちにする、3連覇するというのも盛り上がる材料だと思ってます。
とにかく僕が優勝です。それしかないですね。