GARO坊Presents
第2回 餓狼伝説スペシャル&真サムライスピリッツ世界王者対談

2018年10月21日 池袋ミカドグランドオープン
記念すべきこの日に餓狼伝説スペシャル&真サムライスピリッツ世界王者二人の対談が池袋にて実現した。
対談は3時間以上に及びましたが、これは22分に纏めた動画を中心に文章化したものです。

――お互いの紹介(どう言うプレイヤーなのか)


GARO坊
Shivaさんのおかげで山田十平衛のキャラランクが上昇したと言っても過言では無いですね。
特にコンボを決めた後のピヨリ値管理が上手いです。
読み合いも上手く、気が付けばShivaさんのペースにハマっていると言う事が多い。
プレッシャーが半端ないですね。

※GARO坊
真サムライスピリッツ世界大会2016優勝・真サムライスピリッツ世界大会2017優勝
SNK格闘ゲームを全般的にプレイできるプレイヤーでMr.MVSと呼ばれる。
現在真サム世界大会2連覇中。


Shiva神
GARO坊さんは言わずと知れた真サム二連覇中の王者であり、ガロスペに関してもアンディではトップレベルの使い手。
ゲーム全般が上手く色んなゲームに対応するゲーム脳を持っているのがすごいと思いますね。
アンディに関しても昔の強い動きを取り入れつつ新しい動きを更新していってる。
相手に合わせて試合を組み立てたりとか、常に勝つことを意識した戦い方をしているとか、そう言う印象を受けますね。

※Shiva神
餓狼伝説スペシャル世界大会2018優勝
暴力柔道の異名を持つガロスペプレイヤー。

■餓狼伝説スペシャル編

――世界大会を振り返って

(世界大会の動画を見ながら語っています)
※現在でも稼動しているゲーセンは多く北海道、関東、愛知、関西、九州など各地方のガロスペコミュニティから100名以上の強豪が集結する夏のガロスペ大規模大会。世界大会3連覇王者「公明」率いる名古屋餓狼会と対抗のミカド勢の抗争にほか地域の強豪が加わるという構図で展開されるが、関西の動きによって勢力図が変わると言われている。優勝者は間違いなく世界王者と言えるだろう。

――TOP16 シュラガユク vs. Shiva神

Shiva神:もう勝った試合とは思ってないですね、あんまり。

GARO坊:読みとか立ち回りは向こうの勝ち、みたいな?

Shiva神:だって十平衛の勝ちパターンの端に追い詰めたのに勝ち切れてないですからね(笑)
それはやっぱりシュラさんの上手さだろうって。この距離(画面端)で詰めたら勝ちなんですよ、十平衛の。
こっから負ける奴はおらんやろーって言う(笑)

GARO坊:普通に追い返してきますもんね。

Shiva神:今もギリギリのタイミングでスライディングが(通った)けど、
ここが…やばかったですね。(ライン飛ばしをバクステで避けられて立ち強パンチで反撃される)
で、シュラさんこの後(キャンセル)ブリッツボール撃って、
俺がスライディングの距離間違えて大足(を食らう)これが一番上手かった。

GARO坊:間合いを離すのに一番有効な手段って感じですね。

Shiva神:ホント最後の攻防の所ですよね、数秒の。そこが勝負の分かれ目。

GARO坊:ホント…ギリギリでしたね。

Shiva神:シュラさんも分かってると思うんですけどね。
いや、ホント強敵でしたね、(決勝)1回戦。ここで相当疲れましたね。

――TOP8 GARO坊 vs. AKIRA

Shiva神:俺てっきりアキラさんが1ラインにしようぜって言ったと思うんですよ。

GARO坊:いや俺なんですよ。(今回はラインを使わずに勝負したかったのです。)

Shiva神:GARO坊さんが、へぇー。これいきなり(AKIRA側が)プレッシャー掛けてきましたよね?

GARO坊:そうですね…個人的には、ジャンプ弱キックをビリーが返しづらい距離が有るので、
それでビリーを(後ろに)下げようかなと。
目論見は成功してるんですけど、その後が上手くいかなかったって感じですかね。

Shiva神:バクステしてますよね。AKIRAさんもあの距離では空対空してこないと。
お互い分かってる感じですよね。

Shiva神:これ自分が見ていて、GARO坊さんが飛翔拳撃ちたいタイミングで全部立ちAで潰しているんですよね。
そこの距離まで入って立ちAを撃つのが上手いなと。

GARO坊:アンディ側としてはこれ(下がって飛翔拳)くらいしかやる事が無いって思うんですけど、
逆に向こうが前に出たいタイミングで斬影拳って言う手も有ったかも。
特に中間距離からだと見てから反応するのが難しいと思うんで。
やはり一番安定なのが下がって飛翔拳なので、そこを完全に読まれてたかな。

Shiva神:(最後にビリーが)あーこれ投げなのか。

GARO坊:最後こっちが投げれば良かったかもしれませんが、そう言う癖がついてなかったです。

Shiva神:結構この試合は悔いなしって感じですか?やる事はやったって言う。

GARO坊:そうです。やれる事は全部やったかなって感じですね。

――GRAND FINAL AKIRA vs. Shiva神

Shiva神:これは自分から1ラインって言いました。

GARO坊:なるほど…

Shiva神:いつもミカドでやってるような感じで、何も対策とか考えて無かったですね。

GARO坊:それだけビリーの対策が仕上がってると言う事でも有るとは思うんですけどね。

Shiva神:そうですね、身体が動いた通りに、いつも通りやれば勝てると思ったくらいで。
ただこの試合お互い結構ミスしてるんですよね、実は。
すごい細かい所を一杯ミスしてて。
で、そのミスの数がお互い同じくらいだからいい試合に見えるんだけど…

GARO坊:結構十平衛側のミスって気付かなくって。

Shiva神:(1ラウンド目最後)これがAKIRAさんの判断ミス。

GARO坊:最後超火炎で削ってればって言うのは有ったけど、出ない時も有るから、
中段打ちにしたくなる気持ちもすごい分かる。

Shiva神:コマミスしちゃったら何も削れないで終わっちゃう。

Shiva神:この試合どうこうじゃなくて、普段から心掛けている事が、
ホントに考えないで最善の技を出せるようにしたいって言う。

GARO坊:これホントに1ミスが命取りの組み合わせなんですよね。

Shiva神:(2ラウンド目後半)この辺とかミスしてますね。

GARO坊:十平衛側にミスが有った?

Shiva神:今三節棍をかわそうと思ってしゃがみBを出したら、出すの遅くて食らっちゃうと。

GARO坊:なるほど…

Shiva神:今も煎餅出そうとしてダッシュ二本出したんですよ。

GARO坊:(笑)焦りすぎて…

Shiva神:(3ラウンド目中盤)大会ならしょうがないよな、と思いながらも。
また煎餅がダッシュ二本になったり、三節棍をしゃがみBで避け損ねたり。
で、先に自分が(体力)赤くなるんだけど、
アキラさん相手に体力無いからって無理して攻めても絶対返されちゃうから。
これ何回もやっててもう分かってるんで。

GARO坊:まだ慌てる時間じゃないですね。

Shiva神:赤くなって残り15秒、結構体力差が有ったんですけど、

GARO坊:1回ミスりましたね、旋風棍。

Shiva神:そうですね、あれが大きかった。
で、その後も(ビリーが飛ぶタイミングを)ミスってるんですよ。

GARO坊:その後(十平衛が強襲飛翔棍を)くぐるのはミスったけど何とかなったと!

Shiva神:ホントこれ…体力有って良かったなって言うだけ。
自分もどちらが勝ったかわかんなかったです。

Shiva神:前回から壇上に上がったのが4分の3名古屋で、
ほとんどアキラさんとかGARO坊さんとか自分も名古屋勢に潰されたって感じで。
けど今回は見事に逆で。

GARO坊:そう逆に4分の3関東でしたからね。

Shiva神:更に(決勝)1回戦も逆転…GARO坊さんはとんがりさん相手に勝って、
で、自分はシュラさん。で、アキラさんが通りさん。
本戦行った時に、関東対名古屋が多かった。

Shiva神:でも全体レベルアップしてましたよね、すごい。

GARO坊:そうですね~。

Shiva神:去年の世界大会よりもレベルが上がってるなって思ったし、
そのレベルが上がった人が(トーナメントの上の方に)出て来てくれた。
そう言う所が有りましたよね。

――今の注目プレイヤーについて

GARO坊:Shivaさんが優勝と言う手本を示した事で(同じ十平衛使いの)違うさんや、おりはるさんが勢いづくんじゃないかと思いますね。
あとはやはりオシムさんですね。十平衛戦も良い感じに仕上げていてShivaさんもかなり苦戦していたと思います。あれはいつでしたっけ?

Shiva神:あれは自分が優勝した大会のエキシビジョンでオシムさん指名したんですよ、そしたらぼろ負けして。

GARO坊Shiva神:(笑)

GARO坊:それと舞はキムが苦手キャラなので、どう言う対策をしてくるのか楽しみですね。

Shiva神:注目選手と言うか今実力を上げて来ている選手なら、ミカドで言うとそれがしさんとかオシムさん。
あと…おりはるさんとか違うさんとか。すごいいっぱい居るんですよ。
全国区で言うとベスト16に入ってる、とんがりさんとか。それ以外にもチャーミングさんとか、とろさんとか。
ホントにみんな強くなってきたなって印象を受けましたけどね。
あと復帰勢も出て来てて関西で言うとアンディ使いのピクシーさんとか。
その辺りの新規勢復帰勢含めて、どんどんどんどんレベルが上がってきて
ガロスペが盛り上げればいいなって思いますね。

――戦っていて苦手なプレイヤーは

GARO坊:えーとShivaさんかな(笑)実際俺のアンディの動きが対応されてる感が有って、
それが一番上手い相手だと思います。
似たような対応型プレイヤーだとAKIRA君と公明さん。
丁度今回のベスト3ですね。

Shiva神:苦手なプレイヤーが誰と言うよりは、自分が考えつくのはリスクを恐れない行動する人とか、
何と言うか一般常識よりちょっと離れた立ち回りをしてくる人、それと対戦経験の少ない人は、
行動が分からないから、苦手なプレイヤーに入るのかなって気がしますね。
立ち回り一つ取ってもその技、通ったからいいけどガードされたらどうするの?とか、
そう言うのを恐れずにやってくる人。
敢えてプレイヤー名で言うと、TORAさんみたいなタイプ(笑)
みんな苦手だと思いますけどね。

――ガロスペの魅力とは

GARO坊:おかげ様で全国的に好評を博しているガロスペですが、手軽で操作性の良い所が受けているんじゃないかと思ってます。
ガロスペって割と安定行動が多くて、とりあえずこれを出しておけば強いって技が分かりやすい。
けど安定行動を崩す読み合いが面白いゲームでも有るんですよね。
長年やってるガロスペ勢の強さはその読み合いの上手さに有ると思っています。

Shiva神:ガロスペの魅力…ゲームバランスがいいって言うのは取っつきやすさも含めてだと思うんですよね。
あと自分がやっててガロスペで楽しいなと思う瞬間は、効果音が良い所。
相手を倒したらズシャーンズシャーンとなるのも好きだし、
あと斬影拳、バーンナックル、スラッシュキックなどが当たった時のバァーン!と言う感じ、あれが
今だにやってて気持ちがいいなって思う所は有ります。それが魅力かな。

■真サムライスピリッツ編

――世界大会を振り返って

(世界大会の動画を見ながら語っています)
※世界最強のD3Dを中心にミカドが真サムシーンを牽引している。圧倒的強さを誇り相手がいないと言われる孤独の王者D3Dだがここ2年同じ相手にベスト4で敗退。直接対決は実現されない中GARO坊が2連覇中。しかし未だ底が見えないD3Dの最強幻想は消えてはいない。

――2回戦 GARO坊 vs. 宴帝

GARO坊:(開幕)犬を出しているのに投げられるって言う…(笑)

(その後ガルフォードの足払いで転ばした所にジャンプすかしストライクヘッズ)
GARO坊:これは2択が上手く決まってストライクヘッズでリードを取ると。

Shiva神:遠い所から投げに行ってるのは、投げれると思って行ってるんでしょうか?

GARO坊:そうですね、投げが通る内はガンガン投げるって決めてたんで。
で、相手が対応してきたら違う手を考えようかなと。

Shiva神:何か(技が)当たったら事故りそうですね。

GARO坊:そうですね。今実際大斬り食らったんで、そう言う時は素直にガードに徹します。
(このゲームは投げによるピヨリが無いため)

Shiva神:(対空の弱弧月斬を見て)これはすごいなー。

GARO坊:対空弧月斬ですね。(弱で対空するのは難度が高い)

GARO坊:1ラウンド目の最後はダッシュ投げを読んで登り中段なんですけど、
これは相手にダッシュ急停止されると、ちょっと危ない選択肢でした。

Shiva神:登り中段は背の低い相手にも確実に当たるんですか?

GARO坊:そうですね…何キャラか当たらないキャラが居たと思います。
覇王丸相手なら全然行けますね。

Shiva神:幻庵はどうですか?

GARO坊:幻庵は…なんか当たる時と当たらない時が有って、判定がややこしいです。

(2ラウンド目中盤)
GARO坊:大斬りの空振りにダッシュ投げに行ったら間に合わずに弧月斬を食らうという。
宴帝さんは、こう言う思い切りの良さが有りますね。

Shiva神:大斬りの隙を消してる訳では無いです?

GARO坊:そうですね、初サムと違ってキャンセルが掛かるわけでも無いので。

(2ラウンド目終盤 対空弱弧月斬)
Shiva神:これも上手いなー

GARO坊:弱弧月斬の3フレーム目を合わせると大体の飛び込みは返せると言う…

Shiva神:2ラウンド目だけ見たら宴帝さんイケるんじゃないかって思ったんですけどね。

GARO坊:まぁ正直…冷やりとしましたね。

GARO坊:人によってはこの組み合わせは覇王丸有利って言いますし。

(つば競り合いから画面端でガルフォードの蹴り飛ばし発生→投げる)
Shiva神:これ結構大きくないですか?

GARO坊:大きいですね。今のは投げ確定だったと思います。

Shiva神:これで一気に有利になった。

GARO坊:あ、モズキャン失敗しました。
(キャンセルの掛かる通常技をモズ落とし、及びストライクヘッズでキャンセルすると隙を消すことが出来る)

(更に焦って飛び込んだ所に対空弧月斬)
Shiva神:絶対…無敵部分を当てて対空完璧ですね。

(3ランド目終盤)
GARO坊:ダッシュ投げが漏れて(決まらなくて)中キックが出てしまったけど、それがラッキーな事に当たったって感じですね。
あれはあれで結構判定は強いので。

――TOP8 GARO坊 vs. スズメちゃん

GARO坊:6さんも読みの鋭い方なんで、結構慎重ですね。

Shiva神:何が有るか分からないって言う。

GARO坊:特に怒ってる時はそうですね。

(1ラウンド目ガルフォード強足払いで1本先取)
GARO坊:このタイミングで足を出せば斬りを潰せるって言うのは感覚的に分かってるんで、
そういうタイミングで足払いを振っています。

Shiva神:忍者相手に転ぶと面倒くさいんだよね、色々と

GARO坊:そうですね(笑)

Shiva神:ダッシュモズやら置きモズやら(起き上がりの投げられ無敵はコマンド投げに限り短い)

GARO坊:蹴り投げからはバックスタブ(消える技)も確定するんで。今回は使ってないけど。

Shiva神:足払い合戦を意識していると(高速ダッシュから)投げられてしまう…上手くできてますよねガルフォード。

GARO坊:ええ、かなりいいキャラですよ。

Shiva神:投げから起き攻め出来るのがでかいですね。シャルロットとは違って。

GARO坊:そうなんですよね、実際起き攻め凄い強いんで。

(2ラウンド目ラスト、ラッシュドッグにガード後反撃確定の中斬りが入る)

GARO坊:これは判断ミスですね。結構ラッシュドッグのガード硬直時間短いんで、
中斬り大斬りで反撃貰うことが有るんですよね。

(3ラウンド目開幕)
Shiva神:これ結構怖いですね。覇王丸がいきなり怒ってる状態。

GARO坊:そうですね…(モズキャンミスに大斬り食らったらやばかったな…と思っている)

(中盤ガルフォードキック投げからすかしストライクヘッズ2連発)
Shiva神:この2択ですよ…これきついっすね。

GARO坊:2連発!これは本当に奇襲でした。

Shiva神:(キック投げ後の)あれが対空とか出せない完全な重ねになるんですかね。
たぶん弧月斬も間に合わない、無敵が無いから。

GARO坊:ですねー!

Shiva神:3ラウンド目だけ見ると圧勝と言う感じかな。

GARO坊:(圧勝と言うよりは)読みが通ったって感じですね。

――GRAND FINAL しにかけ vs. GARO坊

GARO坊:正直(上がってくるのは)D3Dさんかなって思ったんですけど、
今回はしにかけさんの動きが読み切れずに負けてしまったって感じですね。

Shiva神:毎回言ってますよね。何してくるか分からないって。

GARO坊:そうですね(笑)

Shiva神:よく当たってますよね、あの二人も。二回目ですよね。

(ダッシュ投げを2回通す)
Shiva神:めちゃくちゃ投げてるじゃないですか。

GARO坊:(次は)投げと見せかけて大斬りみたいな。

GARO坊:1ラウンド目は一気に持って行ったんですけど、全然油断は出来ませんでしたね。
(前年の事が有るので)

Shiva神:ズィーガー相手のガルフォードの負け筋ってどういう所ですか?

GARO坊:中足を食らってそこからヒット確認でティーガーコップの三段を食らう事ですかね。
ガルフォードはのけぞりが長いんで入っちゃうんですよ。

Shiva神:今の判断すごい良かったですね。〈登り)弱パン食らってもすぐ投げに行って。

GARO坊:相手がここで投げに来られると嫌だろうなって所で投げに行ってます。(この時は投げ確定)

Shiva神:これ(ヴルカーン)エクスプロイズンまでガードしたら犬確定ですか?

GARO坊:えーと距離によりますね。端っこだったら(ほぼ強ラッシュドッグやダッシュ投げが確定)
…あ、とか言ってる間に決まっちゃいましたね。

Shiva神:結構悔しそうですよね、しにかけさん。何も出来なかった?

GARO坊:いい勝負…と言うか、所々の読みは相変わらず鋭かったです。

Shiva神:あれ(悔しがる所)を見ると優勝を意識して来たんだろうなって気がしたんですよ。

――D3Dさん倒したら(優勝を)取ろうって思いますよね。

GARO坊:確かに…!

――今の注目プレイヤーについて

GARO坊:モリシタさん、鳥居さん、ザコさん、DDDさんのような初サム勢に注目していますね。
初サムが強い人は真サムをやっても強い傾向に有るので、かなり自分としても警戒しています。

Shiva神:注目選手は…自分が最近覇王丸にキャラ変えしまして。
そう言う意味で覇王丸の強い選手、6さんや宴帝さん。
特に宴帝さんの見えない弧月斬には期待していますね。

――苦手なプレイヤーについて

GARO坊:(この話題はGARO坊のみ話しました)誰にでも負ける可能性は有りますけれども、
特別に苦手意識を持っている人は居ないです!
ただD3Dさんは底が知れないと言うか、こちらが知らない知識を持っていそうな…
そんな気がしています。

――真サムの魅力とは

GARO坊:やはり今やる事によって新たな発見が有る事ですかね!
なんかいつも発見しているのはD3Dさんのような気がしますけど、
例えば前転をキャンセルしてダッシュするとか。あと王虎でしゃがんだ幻庵を投げるとか。
それら新しい技を使う事で少しずつゲーム性が変わって行く。
その実感を今だに味わえるって言う所が魅力ですね。

Shiva神:もうやっぱり大斬りに集約されてるって気がしますね。
大会とかでも大斬り当てるだけでワァーって盛り上がる。
あの感じが真サムじゃないかなって。

――大斬り当たった時凄いですよね。

GARO坊:3分の1持って行きますからね。

Shiva神:下手すれば気絶する時有る。大斬り一発で。
それで試合が一気にね。

GARO坊:カウンター補正の高い技に大斬り当てるとごっそり。

Shiva神:三連殺とか。

GARO坊:ツバメとか二ツ角羅刀なんかもそうですね。

Shiva神:あの辺に当たれば一気に分からないって言う、そう言う所ですかね。

――世界王者として目標を語る

Shiva神:世界王者としてよりも自分として心掛けているのが、継続して対戦の立ち回りとか
キャラ対策とかそう言う部分を作ってきたって言う自負は有るんですよ。
なので基本の教科書的な部分+応用を詰めていって、
色んな人に見て貰ってガロスペを好きになって欲しいなって言うのは有りますね。
せっかく世界王者になったので、
布教活動は対戦の動きを通じてどんどん出していければいいなって思います。

GARO坊:今の強さに満足せずに常に新しい事にチャレンジして行きたいと思っています。
個人的には色々なキャラを使いこなせるのも強さの一つのカタチだと思っているので。
今回はガルフォードで出場しますが、次回はズィーガーや覇王丸を極めて出場するのが目的です。
世界王者の探求と挑戦に終わりは有りません!